DUGA、DMM、それぞれのスマホプレイヤーの違いを見よう

DUGA、DMM、それぞれのスマホプレイヤーの違いを見よう

国内エロ動画サイトのツートップなDMMとDUGA、今回はエロ動画を視聴するときのシステムについて書いていこうかなと。

まあ大して内容は変わらないのやろ?と思うかも知れませんが実は結構違います。

DUGAのスマホプレイヤーの特徴

まずDUGAから行きましょう。
まあ標準的なプレイヤーです。

DUGAの良いところはズバリ、再生ボタンを押さないと再生が始まらないこと。
…伝わってるでしょうか。

音声の有無を最初に選べると言うことですw
家族暮らしとかだとこのありがたさはわかるはず。

また、専用のアプリがなくともブラウザから直接視聴出来るのも気楽で良いところですね。

DMMのスマホプレイヤーの特徴

次にDMMのプレイヤー。
この60秒、10秒の前後へのスキップボタン、エロ動画を見る人の気持ちを考え尽くされたまさに「エロ動画プレイヤー」と言えましょう。

あ、ここがいい!と思ったところを手軽にリピートできるしスマホなど小さい媒体でシークバーが動かしにくい場合でも手軽に移動できる訳です。

詳しく書かなくても伝わってるよ!と言われそうですが、この細やかな配慮はありがたいですよね。

逆に親切じゃないかも知れないところは、動画をタップした時点で動画再生が始まってしまうこと。
そして前回設定した動画の音声の有無が活きてること。

前回ONにしてアプリを終了していると、また見ようかなと思ったときに本体をマナーモードにしてても音が鳴る設定にされてるんですよね。
これが地味に困るというか、ヒヤヒヤします(多くは語らない)

でも基本性能は素晴らしく、動画のダウンロードやストリーミング時にビットレートを選べることもせっかちな私にはありがたいことです。

まとめ

といった感じで長ったらしく語ってきましたが、便利に使えるという意味ではDMMのプレイヤーが優秀。

ただ、音が鳴る設定を毎度確かめられるという一点ではDUGAはとても安全設計?だと思います。
ぶっちゃけると、どっちも普通につかえますけどねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする